株式会社ステップファーム
会社イメージ画像

お知らせINFORMATION

  • 生きくらげ出荷始まります。

    今年の生きくらげの初出荷が近々始まります。

    現場栽培スタッフが衛生環境を整え、研究を重ねながら
    おが粉に栄養の高いふすまや糠などの比率を計算し配合し、
    良質なきくらげを栽培しています。

    自家製菌床にきくらげ菌を植え付け3か月。
    菌床の全体に菌糸が回ったところで穴開け、そこからさらに
    温度、湿度、空気の流れを管理し、ようやくきくらげが
    生まれます。

    ステップファームは菌床から製造を行っており、菌床は
    落葉広葉樹などから作られます。
    広葉樹は一度伐ると、ひこばえを生やし、より枝葉を茂らせ
    根を深く、広く張り、森を豊かにしていきます。

    落ち葉は表土を優しくカバーしながら分解と共に里から川・海を
    豊かにするミネラル源に。枝葉は雨水を地面に落とす前から蒸散を始め、
    必要以上の水分を直接空気中に送り返します。また枝葉の分だけ
    増えた花は、ミツバチや野鳥の餌になり、そうして受粉し実ったどんぐり
    などの木の実は、野鳥や哺乳類の餌になり、森を豊かに変えるのです。
    伐った後の土の上には下草が伸び、草の実や山芋が生え、そこもまた自然の
    ゆりかごになるのです。
    そして保水力を増した森は、水害から川下全体の生命財産を守る緑のダムになります。

    森は適正に伐っていくことで、循環、代謝、更新がしていけるのです。

    針葉樹から菌床を作るには1年ほど発酵や渋抜きを行う必要がありますが
    くす、ぶな、なら、かしなどの落葉広葉樹からはこの必要がありません。

    針葉樹は建材などには最適ですが、森には多様性が必要です。

    ステップファームの行う菌床栽培が少しでもこの森の多様性に貢献できる
    取り組みになっていければと思います。

    みなさんもみなさんの身体と森を食べることで健やかに育てる
    きくらげやキノコを食生活に取り入れてみませんか?