株式会社クリエネ
会社イメージ画像

電気工事防災は企業の価値

SDGsへの取り組み


当社は、「お客様の未来予想図に足りないモノの提案」という経営理念のもと、 事業活動を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献し、 地域課題の解決および、持続可能な社会の実現に努めてまいります。

クリーンエネルギーの普及
太陽光を用いたクリーンエネルギーの活用・普及に 取り組み、気候変動対策、脱炭素社会への移行に 貢献します。事業を通じて、愛媛の「明日を照らす」 新しい”未来”を提案します。
【主な取り組み】 太陽光発電事業の実施、太陽光発電・蓄電池・ オール電化事業の推進、省エネに向けた提案

クリーンエネルギーで暮らせる街づくり
クリーンエネルギーを創り、蓄え、賢く使う、スマートシ ティの実現に取り組み、暮らしに豊かさと安心をもたら してまいります。地域社会と連携して防災・減災に努め、 持続可能な街づくりに貢献します。
【主な取り組み】 電気自動車充電スタンド・蓄電池等の設置・普及推進、 各地方公共団体との災害時応援協定の締結、 地元商社や地元工事店との協業

定期的な勉強会開催での地域企業様との連携


世界がコロナ禍の脅威に晒され、あらゆる分野で影響を受ける中で、日本国はデジタルとグリーンを成長戦略の柱に据えました。
この二つの分野が、地域経済にとってどのような意味を持つか、地域の中での取り組みが試されます。
また、頻発する災害に応じ国土強靭化への取り組みも継続されていきます。

そこで地域企業様との連携をもとにデジタル、グリーンエネルギー、地域防災を研究し実行に結びつけていく取り組みを推進し、概略の研究、各取り組みの研究、実施への道筋、と追っていき勉強会(愛媛民間防災ネットワーク)を定期的に開催し、行政と地域企業様との災害連携協定の橋渡し活動をしております。

https://www.cle-ene.com/bousai

非常用電源の設置及び電気代削減


昨今の頻発する自然災害やBCP(事業継続計画)に対して非常用電源設置また、自家消費太陽光に対して取り組んでおります。

ここ数年、大規模災害及び停電が各所で発生しています。そうした中で災害停電時にも利用でき復旧に役立つ太陽光発電が求められています。
災害停電時も晴れていれば電気を利用でき、蓄電池を設置すれば雨の日や夜も電気を利用できます。
災害停電時に地域住民に対して電源を解放することで地域社会に貢献することができます。

また、年々増加傾向の電気代上昇(年2%)に対しても抑制効果がございます。
再エネ賦課金の上昇は今後増加傾向にあることから、自家消費太陽光発電システムを導入することにより電気代削減効果が期待されます。

まさかの災害を、いつかの備えに。

ご興味のある企業様はお問い合わせください。


https://www.cle-ene.com/houjin-jikashohi