株式会社CPFエナジー
会社イメージ画像

事業内容【廃プラスチックの燃料化と有効利用】

【CPF製品の製造と供給】


株式会社CPFエナジー社は、現在国内の製紙工場等へ年間約10万トン超のCPF(Cube Plastic Fuel)製品を燃料として製造・供給しています。 原料となるのは主に廃プラスチックで、破砕 ⇒ 選別 ⇒ 再破砕 ⇒ 圧縮 ⇒ 六面梱包という工程で製造。 サイコロ状となるベール品のサイズは、1.2m×1.2m×1.2mを基準として製紙工場等へ納入されます。 昨今ではCPF製品を使用する工場における、投入効率ならびに燃焼効率の高効率化を目的として、CPF製品の原料となる廃プラスチックの小径化(40~50㎜以下に破砕)に取り組んでいます。