有限会社松山義肢製作所
会社イメージ画像

事業の内容義肢装具製作の流れ

カウンセリング~製品検討~採型/採寸


まず、どういった症状で困っているのかカウンセリングを行います。
装具をつくるうえで医療行為に関わる場合は、必ず獣医師の確認が必要となります。
獣医師の許可を得たもの、またその他の該当しない装具使用に関して
目的や形状を考えながらその部位の採型/採寸を行います。

仮合わせ(適合チェック、試歩行)


形ができれば、実際に装着をし、装着部位に適合しているか、目的に対しアプローチできているかなどの確認を行います。
製品の質を高めるためには、この仮合わせの作業がとても重要となります。
オーダーメイドの良さはこういった手間をかけることにより、満足のできる良い製品に近づけていけるところです。

完成・納品


最終形態として各パーツを整え納品となります。
納品後も定期的なメンテナンスやフォローはさせていただきます。

費用に関しましては仕様により異なるため、カウンセリング時におおよその金額をお伝えします。
簡易なタイプ5000円~になります。

まずはご相談ください。