横浜抵抗器株式会社
会社イメージ画像

事業内容私たちの取り組んでいるもの、これから取り組んでゆくもの

プリント基板の製造・販売→今取り組んでいるもの


片面・両面基板をメインに、多層・リジッドフレキも手掛けます。材料は紙フェノール・FR-4・CEM-3・アルミなどで、板厚は0.06㎜~1.6㎜の製造が可能です。試作から量産まで対応可能です。
*社名の抵抗器はカーボン印刷による印刷抵抗基板(ストロークセンサー基板)から取っています。
従来から薄物・小物を得意とし、最近は薄物基板にカーボン印刷をして曲げ可能な抵抗基板が好評をいただいています。また、社内で紙フェノール基板に写真法エッチングで精度の高いパターン加工が可能な点も特徴のひとつです。


今の技術、設備、人を活かした製品への展開


私たちのプリント基板製造技術は、スクリーン印刷、露光現像、エッチング、カーボン印刷、銀印刷、表面処理、品質検査などでで構成されています。特に各種のインクを調合し印刷し硬化させる技術は独自のものがあります。プリント基板にこだわらず、板にこだわらず、平面に印刷する技術で新しい分野への進出を進めてゆきたいと考えています。